自転車旅行2日目の目的地は高野山。
伊賀や伊勢は行った事があった土地だけど、ここからは生まれて初めて踏み入れる地へ・・・

08:15 [0km地点]
多気のホテルを出発。前日の疲れとダメージのせいか膝と腿と尻が痛い。
きちんと辿り着くのか?

09:15 [17km地点]
脚の疲れ、緩やかな登り・・・いろいろな要素はあるのだろうが
全くスピードが出ず 1時間かけて 17km。
そんな中、櫛田川を橋で渡る。葉も少し色づいている。
この後何度 この櫛田川を渡っただろうか?

09:50 [25km地点]
国道168号線をひたすら進む。
川の上流に向かっているので緩やかな登りが続く。
そんな中 道の駅 飯高駅に到着。
1時間30分ほどしか走っていないけど ちょっと休憩。
温泉もあったので入りたかったけど 多分進むのが嫌になってくるので ここは我慢。

10:05 [28km地点]
大きな気がそびえたつ神社。水屋神社に到着。
ここも通りがかりに見つけた素朴な名所の一つ。
ここの楠は天然記念物になっているらしい。

11:00 [42km地点]
お腹がすいたので休憩&食事。
しかし距離数が全然増えない。

11:30 [48km地点]
その後も数えきれないくらい渡った櫛田川。

11:42 [52km地点]
陶芸の森「虹の泉」という場所を発見。
紅葉と芸術のコントラストが何とも言えずいい感じ。

12:10 [55km地点]
上の方にループしている橋が見えます。
まさか あそこまで登らないよなぁ。

12:20 [57km地点]
登りました。

12:35 [60km地点]
橋を登り切った後は 2.5km くらいある長いトンネルを抜けます。
このトンネルを抜けたら暫くは下り道。

13:15 [72km地点]
・・・と思ったらまた登り。
ちょっと休憩しようと思ったところに「ひだる地蔵さん」というお地蔵さんが立っている。
いい味出している。

13:55 [81km地点]
道の駅「宇陀路大宇陀」到着。
足湯があったがここは先へ。

14:35 [92km地点]
ここまで来ると脚の痛みもそんなに気にならなくなってきた。
この辺で吉野川という川にぶつかる。
前半はずっと櫛田川との付き合いだったが、後半は吉野川との付き合いになる。
大分下って下流の方に来たせいか 紅葉はほとんど見られない。

15:30 [110km地点]
この辺でお腹が空いたのでまた休憩。
前日と同じくらいの頻度でエネルギー補給。

16:30 [127km地点]
高野山の麓、橋本付近到着。
川の名前はいつの間にか紀ノ川に変わっている。

16:55 [132km地点]
橋本付近で道に迷ってしまったが、紀ノ川を渡りヒルクライム開始。
あとは高野山に向かって登るのみ。
少し登ると紅葉も見えてくる。

 

その後・・・

暫く登ると日が暮れて真っ暗になった。
街灯もなく頼れるのは自転車のライトの明かりだけ。
高野山の坂はとても急ですごくきつい。
1度ペダルが止まってしまい、そのまま転倒してしまう。
1度登りが過ぎれば下り坂が待っている。
いつもは大好きな下り坂だが、日も暮れて真っ暗な状態ではとても危険。
ブレーキをかけながらゆっくりと下らざるを得なくなる。
下り切った後は暫くは緩やかな登りになる。
横で小さな川の流れる音が聞こえる。
途中、湧水があったのでそこで水分を補給する。
水筒の水も尽きていたので本当に助かった。
お腹もすいてきたので手持ちの最後の食料、ゼリーも口にする。
道は狭いがたまに自動車も走ってくる。
脇に寄って自動車をやりすごそうとした時
ぬかるみに入ってスリップしてしまい転倒。
さらにもう一度 自動車を避けようとした時、またぬかるみにはまって転倒。
自転車のライトは正面の足元は一応見えるが、横の方はほとんど見えない。
合計3度の転倒で自転車のギアもリアのローの1段目と2段目(軽い方の2段)に合わせられなくなってしまった。
ずっと緩やかな登りだったが、途中の分岐点で高野山側に進むと途端に勾配がきつくなる。
そんな状態で軽い方の2段のギアが使えないのは本当に辛い。
あまりにも勾配がきついところは自転車を引いて歩いて行く。
そして残りいよいよ 5km 程の地点。
時刻は19時も過ぎ、宿のチェックイン予定時間は過ぎている。
しかし携帯はずっと圏外。
そして自転車でまた坂を登っていると、勾配がきつくなったので反射的にリアのギアをローに入れる。
その途端 ペダルが急に動かなくなる。
咄嗟にペダルを少し逆に回し、もう一度踏み込んでみる。
するとガキッと鈍い音がしたかと思うと、急にペダルが空回りしてしまった。
そして4度目の転倒。
立ち上がって、チェーンが外れたかな? と思って自転車を調べてみると
なんと リアのディレイラーが折れている。
もう こうなるとどうしようもない。
今回の自転車旅行 2日目 19:20 148km地点でリタイヤです。

リタイヤ後・・・

携帯は相変わらず圏外なので、
近くの民家を訪ねてタクシーを呼べないか頼んでみました。
しかし そこの民家のおじさんが言うには
もうこんな時間はタクシーは来ないとの事・・・
するとそのおじさん、車で宿まで送ってくれました。
本当に助かった。
あの時のおじさん、どうもありがとう。

反省点・・・

今回の敗因はやっぱり山の中で夜を向かえてしまった事。
夜の山道は本当に怖い。
次回からは もっと余裕を持った旅行計画を立てる事にしよう。
そんな中でもよかったのは きちんと輪行バッグを持って行っていた事。
この時 動かなくなった自転車ですがタイヤを外して袋に詰め込み、宿まで車に積んで持って行く事が出来たし、翌日も無事に京都まで電車で持ち運ぶ事ができました。

しかし、今回 高野山 ゴールまで自転車で行けなかったのは悔しいなぁ。
次回またリベンジしたいと思います。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927