日曜日に自転車で「京都八幡木津自転車道」を走ってきました。

京都が山に囲まれているのもあって、京都に引っ越してきてからは山の方ばかり行っていたけど、この自転車道は川沿いにある自転車道です。
コースは木津川の泉大橋から嵐山 まで約 45km の道のり。

 実はこのコースは保津峡とか行く時に嵐山を経由する際にも使っているし、一部は私の普段のジョギングコースと重なっているので自分にとって馴染み深いコース。
とはいってもこの自転車道を全て走るのは今回が初めてです。

まずは泉大橋まで行き自転車道に乗ります。
起点の道標を見つけたらそこからスタート。

基本はずっと川沿いの道を走ります。
川の見える堤防の上を走ったり、堤防の下で葦に挟まれた道を走ったり
変化に富んでいて面白い道でした。

途中に「流れ橋」と呼ばれる木造の橋があります。
歴史的情緒にあふれた橋で 私は知らなかったのですが時代劇なんかによく使われるらしいですね。

暫く行くと大きな交差点に出ます。
ここは現在工事中という事もあってか道がすごく分かりにくい。
御幸橋という橋があるのでそこを渡ったらすぐに川沿いの道に入ります。
場所的にはこの辺が 桂川と木津川と宇治川が合流して淀川になるところ。
なので ここから桂川沿いに走り嵐山へと向かいます。


桂川沿いを暫く走ると鴨川との合流地点が見えてきます。実はこの辺は私の普段のジョギングコースになっている所です。

ほんのちょっとだけ鴨川沿いを走り、すぐに橋を渡って桂川沿いの道を走ります。
途中 新幹線が走る鉄橋をくぐります。

鴨川から桂川に入った辺りから公園やグラウンド等が増え人通りも多くなってきます。
だんだん生活感も出てきて畑の間の道を走ったりもします。

京都もすっかり紅葉シーズンは終わりましたが、まだ色づいている紅葉がありました。

そして嵐山に到着!!
全長45km の 京都八幡木津自転車道 制覇です。

京都に引っ越してきて嵐山は結構来ているなぁ。
(通過ばかりだけど・・・)
自転車道のすぐ近くなので渡月橋を見て帰りました。

京都に来てからは山道ばかり走ってきたけど、今回のこのコースは堤防の登り降り程度の坂はあったもののほとんどフラットな道だった。
こういうコースは京都では珍しく、そのせいかサイクリストがとても沢山いた。
達成感という意味ではちょっと物足りなさも感じるが、京都に来て初めて見つけた「のんびり走れるコース」だと思う。

 次は嵐山の方からスタートして制覇しようかな?

 ちなみに ここでは泉大橋〜嵐山までの 45km のみについて書いてありますが、私がこの日実際に走ったのは 自宅〜泉大橋〜嵐山〜自宅 でトータルの走行距離は 100km 程でした。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927