フル 5時間27分23秒

2月6日に和歌山県上富田町で開催された紀州口熊野マラソンに参加してきました。
京都からは距離があるという事で前日は白浜で一泊。
京都を出たのは昼過ぎだったけど、白浜駅に着いたのは夕暮れ間近。
海岸に着いた時には既に日没後でした。
でも海岸の砂が真っ白なのに感動!!

00010

海岸を少し歩いた後でホテルでチェックインをし、食事でも取ろうかとぶらぶら歩いていました。
すると温泉があっちこちにあるので 入りたいなぁと思い、私は普段からタオルを持ち歩いているという事もあって 海岸近くの温泉にそのまま入りました。いいお湯だった。

風呂に入った後は食事という事で、浜焼きの店に入り そこでビールを飲み、しらす丼や蛸の唐揚げなんかを食べました。中でもびっくりしたのは鯖の浜焼き。切り身を焼いたのが出てくるのを予想していたら 鯖がまるごと一本、串に刺さったのが出てきました。

00012

海が綺麗で、温泉があって、魚も美味しくて、白浜最高だね。

一日目はそんな感じでのんびり過ごしました。
マラソン前日にこんな感じでいいのだろうか?

二日目はマラソン本番。
白浜からは近いのだけど、少し離れて 上富田というところまで行きます。
白浜の海岸から紀伊田辺までバスで行き、そこから先はマラソン用のシャトルバスで会場に向かいます。

会場に着いたら早々に受付を済ませて、マラソンに備えてエネルギー補給。ごはんやらたこ焼きやらを食べていました。

そうこうしているうちに開会式が始まります。
参加するまでは今回出る大会は 紀州口・熊野マラソン だと思っていたのですが、
実は 紀州・口熊野マラソン だったみたいですね。
今回の紀州口熊野マラソンではゲストランナーとして、瀬古利彦さん達が出ていました。
開会式でも挨拶をしていたけど、テレビ慣れしているのか話が面白かったですね。

00038

ちなみに昼にはトークショーがあったらしいけど、
2時間30分以内にゴールしなければ間に合いません。
ハーフの部とかだったら間に合ったかもしれないけど・・・

そして いよいよスタート。
2週間前のハーフで調整不足を実感して、それからろくに走れていないので
今回もやはり調整不足。

それでも今回 休まずに出ようと決めたのは、
熊野古道の一部を走る今回のコースを楽しもうと思ったのと、
4月に出る予定の宮古島トライアスロンのラストのランでは
スイム・バイクの後でフルマラソンだから、
それが万全の状態で走れる訳がないと思うので
これくらいの逆境は跳ね返せないと駄目だなと感じたのがあります。

タイムは最初から諦めていたので、完走が第一目標。

という訳でスタート直後はゆっくり走ります。

最初は重かった足も、7km 地点を過ぎると段々軽くなってきます。
軽くなってくるとついついスピードを出してしまいますね。
調子に乗って前の人をどんどん追い抜いていきます。
ここでついつい飛ばしてしまうというのはマラソンの罠なんですけどね。
知ってはいるのだけど、抑えるというのが意外と難しいんですよね。

ある程度距離が進むと、道も山や川などの自然を感じる道になり
楽しみながら走る事ができました。
山も切り立った岩とかもあって、他ではなかなか見る事ができない景色に
巡り合う事ができましたね。

前半飛ばしたツケは後できちんと回ってきました。
スピードが落ちてきたのが 20km 地点くらい。
そして足を動かすのが辛くなってきたのがハーフ地点くらい。
いつもは 30km 〜 35km 地点くらいで起こる事だけど、今回はハーフ地点でこれが来るか?

その後は、ただ足を前に動かすだけ。
ペースを維持とかそんな余裕もなく、ひたすら前に進むだけです。
途中で追い抜いた人達にも、ここからどんどん抜かれていきます。

ここで思い出すのは2年半前くらいに経験した、かすみがうらマラソン。
あの時は 12km 〜 13km 地点から足首が痛みだし、
ハーフ地点からは歩いてしまったんだよなぁ。
それに比べたら今回はハーフを過ぎても走っている。まだいける。

それでも 30km 地点までは何とかランを続けていたけど、
そこからは自分では走っているつもりでも
前を歩いている人に追いつけなくなってきました。
走っても歩きと速度が変わらないのなら、ここは歩きの方がいいな?
と半ば自分に言い聞かせるというより、正当化するかの様に
ここでとうとう歩きが入ってしまいました。

そして 30km 地点から 35km 地点はほぼ歩き。
・・・ 35km 地点かぁ。あと 7km ・・・ !!
ここで自分の頭の中でふとある事がよぎります。

7km ・・・ それは、最近 自分がジョギングで走っているのと
だいたい同じくらいの距離だという事。
いつも走っている距離だったら、残りは走れるのではないか?
足が痛かろうが走れる。だって いつも走っているから・・・

ここで少し元気が出て、ランに戻ります。
よし、このままゴールに行くぞ!

そして その後 給水所でちょっと止まったりしましたが、
何とかゴールをする事ができました。
タイムは5時間27分23秒。

09

完走できた。よかったぁ。

ゴールをした後、着替えているとマッチこと近藤真彦さんの
インタビューの声が聞こえてきました。
マッチも今回の大会に参加していたみたいですね。

しかし、今回の大会の結果は 最近の自分の成績と比べても
全然良くはないけど、それだけにトレーニングや経験は大切だなぁと感じましたね。
今回 足が動かなくなったのは完全にトレーニング不足だけど
それでも大丈夫だと思ったのは過去にもっときついのを乗り越える事ができたからだし、
最後に踏ん張れたのは 最近走っていた距離のおかげだと思います。

大会の後はシャトルバスで駅まで向かったのだけど
その時 隣に座ったおじいちゃんと少し話をしました。
おじいちゃんは何でも年に30回くらいフルマラソンの大会に
参加しているらしいのですが、
「タイムは悪くなる事はあっても、回数は悪くなる事はないからねぇ。」
う〜ん。確かに。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927