スイム 33:41, バイク 3:42:26, ラン 1:55:24 (773/861位)

今更ですが9月のトライアスロンのお話です。
今回この大会は水温の関係でウェットスーツを着用した場合
入賞などの対象外になるという事だったのだけど
そのチェックがうまく行われたという事で公式結果が出るまで時間がかかってしまい
公式結果が出た後も 私がブログを書く気になるまで時間がかかったという事で
今日になってしまったという訳です。

先月私が出た大会は アイアンマン 70.3 セントレア常滑ジャパンというもの。
http://ironman703.jp/
9月18日に愛知県の常滑市で行われました。
タイトルにセントレアがついている通り 場所は中部国際空港・・・通称セントレア。
さすがにコースは空港の外だけど、受付や選手説明、最後のパーティは全てこの空港の建物内で行われました。

そして距離は スイム 1.9km, バイク 90km, ラン 21km。
今年の4月に出た宮古島の様なロング・ディスタンスではないけど、
でも オリンピック・ディスタンスよりは はるかに長い距離。
そして一応 タイトルに「アイアンマン」がついている大会でもあります。
この大会がおそらく私にとって今年最後のトライアスロン。

選手受付と説明会の為、前日に中部国際空港に行きました。
宮古島みたいな場所も日常とはちょっと違った場所という感じでしたが
空港というのも雰囲気はまるで違いますが、やはり日常とはちょっと違った場所で気分転換になりますね。

受付などを一通り済ませたら、トランジションにバイクをセットしに向かいます。
海のすぐそばで風が強い。バイクは輪行バッグに入れて運んだのですが、たたむ時に苦労しました。

00004

そしてその日はそのまま宿に向かいます。
前日は十分睡眠を取らないといけないのですが、緊張のせいか夜中に目が覚めて その後あまり寝る事ができませんでした。

そして いよいよスタート。
この日は台風も近づいているという事もあり、前日の説明会で距離が 1.9km から
1.2km になるかもしれないという話が出ていましたが、
朝 会場入りするとアナウンスが流れてきて、やはり距離は 1.2km になるという事でした。
苦手なスイムの距離が短くなるという事もあって、正直 少しほっともしましたが
きちんとした距離を完走したいなぁというのもあって少し複雑でした。

そして何はともあれ競技開始。
今回このトライアスロンはウェーブスタートで私は3番目のスタートでした。
1番目の組がスタートして、2番目の組がスタートして・・・
そして自分達の番が回ってきます。
スタート前までは陸上で待機しているのですが、
スタートが近づいてくると海に入ります。
コースはビーチではなくて港になっていて海までは 2m くらい高さがあるのですが、
そこまでは はしごで降りる人もいれば 飛び込んで入る人もいます。
私も飛び込んで入ろうとしたけど・・・うっ ちょっと怖い。
少し躊躇しましたが 下に人がいない時を見計らって、勇気を出して飛び込みます。
そしてスタートラインまで近づき いよいよスタート。

まぁ、だいたい予想はしていた・・・というか いつも通りですが
スタートして間もなく 一緒にスタートした集団ははるか前方に行ってしまいました。
後ろの方に人が全然 見えない。
ひょっとしたら自分がこの組で最下位かも・・・なんていう事を考えます。
そして いつものパターンならここでマイペースでのんびり泳ぐところですが
今回はいつもと違うのはウェーブスタート。
自分達より後にスタートした人達が追いついてきます。
そして自分を抜き去っていく。
結局スイムは自分よりも10分以上後にスタートした人達の集団に入って
ゴールしました。

0040_02882

そして次はバイク。
スイムはいつも制限時間オーバーになるのではないかと
ひやひやしますが、今回もここは乗り越える事ができました。

ウェットスーツを脱いで ヘルメット、グローブやシューズを装備して
いざ出発。

出だしは順調。平らな道。
海沿いを走っていてとても気持ちがいいです。
快調! 快調!

ですが、その後に地獄が待っているとは・・・
その地獄とは坂。そして暑さ。
スタート直後は道は平らだったものの、間もなく坂道に入り
後は延々 登りか下りか・・・坂道オンリー。

そして天気は台風が近づいているとは思えないくらい
太陽がジリジリ照りつづけます。
お願いだから少し(雨が)降ってくれ! と思うけど
降る気配はみじんもありません。
そんな炎天下の中、90km ずっと坂道をこぎつづけます。
ドリンクも途中でなくなってしまい、エイドステーションを
いまかいまかと待ちつづけました。
最初の坂道で足も重かったので ずっとマイペースで行こうと
決意していましたが、それでも相当消耗しましたね。

そして バイクも終わり ランに向かいます。
バイクでずっと坂道をこぎつづけて足もガクガク・・・
この状態でハーフマラソンを走らなければなりません。

バイクが終わってテントで着替えていると
「お疲れ!」という挨拶と共に一人の男性が入ってきました。
何と元ヤクルトスワローズの古田敦也さんです。
テントの中は ウォー! という歓声と共に拍手で盛り上がります。
古田さんもバイクの坂は相当きつかったみたいな事を言っていました。

そしてランは私は古田さんより一足先にスタートしました。
炎天下は相変わらず続いています。しかも足が動かない。
これ本当に 20km 以上も走れるのか?

そんな中 6km くらい走ったところで、
古田さんに追いつかれました。
古田さんは有名な人ですから 道で応援する人達に「古田さ〜ん」って
声をかけられたりしますが、そんな人達に笑顔で応えます。
子供たちに声をかけられた時にも「将来 絶対やれよ!」とか
「お父さんにやる様に言って!」とか声をかけていました。
私はフラフラで前に進むのに精一杯なのに、タフだなぁ。

古田さんは走るペースは私より速かったのですが
たまに歩いたりしていたので、その間に私が追いついたりして
しばらくは近くを走っていました。

そしてそんな中、街をはずれて海沿いの道に出ます。
爽やかな風が吹いている。
まさに救いの風です。暑さが大分軽減されます。
よし行ける!・・・ ペースも上がり その時点では前を走っていた
古田さんに追いつきます。そして再び私が前を走りましたが・・・
それも長く続かず・・・
10km くらいの地点では 再び古田さんに抜かれて
今度は古田さんが歩いていても追いつけないくらいに
距離が離れてしまいました。
風が吹いて大分ましになったとはいえ、日差しも強く
暑いのは変わらないので、給水所の度に立ち止まり
水を2杯くらい飲んでいました。
給水所によっては 柄杓で頭に水をかけてくれる人もいて
本当に生き返りました。

そんな中 ゴール会場が少しずつ近づいてきます。
しかし これは罠・・・ 実はランのコースは
ゴール会場の前を一度通過してまた戻ってこなくてはいけません。
残酷すぎるぅ。

でもゴール会場の近くは応援する人がいっぱいで
元気をもらいました。
「古田さん すぐ前を走っていますよ〜」
「途中で抜かれたんですよぉ。」
「抜いちゃえ! 抜いちゃえ!」
みたいな会話もしましたね。

そして今度は本当のゴールを目指して一歩一歩前へ進みます。
これが本当に長く感じました。
折り返し地点が何個かあり、行ったり来たりするコースです。
知り合いとかいれば ここですれ違ったりして楽しいんだろうなぁ。
でも今回は一人での参加。ひたすら前に進みます。

そしてようやくゴール。

0040_04032

ゴール地点では 前日の選手説明会でも最初の挨拶をしていた
白戸太郎さんが立っていて ガッチリ握手を交わしました。

ゴールの後は完走証をもらったり、マッサージをしたりして
会場を後にしました。
既に足はボロボロだったのでマッサージをしてもらえるのは嬉しいですね。

夜はアワードパーティーが開かれました。
選手や付き添いの人達に飲み物や食べ物がふるまわれます。
ビールを飲みながら 世界の山ちゃんの手羽先や 矢場とんのみそかつ等も食べました。

最初の説明会やアワードパーティで話題になったのは
やはり東日本大震災の事でした。
実は今回の大会も本当に開くべきか? いろいろ検討したそうですが
「震災復興応援大会」と銘打って 開催する事を検討したそうです。

今回 タイトルにも出ているコースの総距離 70.3(マイル)
にちなんで、完走者数 x 703 円 の義援金を
寄付するそうです。
今回 完走者は 861人なので義援金は60万円ちょっとですね。
私もそれに協力する事ができて とても嬉しく思います。

アワードパーティー なので最後は表彰者の発表がありました。
その中でも最後の方はエリートの部の発表だったのだけど、
女性の2位の人は 宮古島トライアスロンの女性の部で優勝した
塩野絵美さんでした。
宮古島でも姿を見たけど、ここでもまた姿を見るとは・・・
相手は自分の事を全然知らないだろうけど。

女性の優勝者はオーストラリアの Belinda Granger さんでした。
この人は今回優勝したという事で スポンサーからボーナスがもらえるそうです。
そして Belinda さんは何と そのボーナスを全額 大震災の義援金として
寄付するという事をおっしゃっていました。
男性の優勝者は福井英郎さんでした。本人が言っていましたが
日本人は今までこの距離で優勝していなかったらしいですね。
そして今回は日本人が優勝。素晴らしい。
福井さんもボーナスがもらえるので、それを全額
義援金として寄付するという事をおっしゃっていました。

みんながトライアスロンを通して
大震災の復興支援を行なう いい大会だったと思います。

これは来年もまた出たいですね。
今回はスイムが 1.9km から 1.2km に変更になったので
次回はきちんとした距離を完走したいなぁと思いました。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927