11月3日(木・祝) はしまなみ海道にサイクリングに行ってきました。

自転車で瀬戸内海を渡る事ができる「しまなみ海道」というものがあるのを知ったのは昨年の事なのだけど、それ以来 行きたいなぁと思ってはいたものの、なかなか行く機会がありませんでした。

11月4日(金) は福岡県久留米市で同窓会の予定があったので、有給はとっていたのですが 11月3日が祝日なので 4連休になっている事に気づいたのは11月3日の2日前・・・10月31日の事でした。

せっかくの連休だから何処かに行きたいなぁ。11月4日は久留米だから京都と福岡の間で・・・ そうだ! しまなみ海道に行こう・・・ という訳で翌日にフェリーのチケットを購入!
11月2日には旅行の準備を整えて自転車で出勤し、仕事が終わってからは 京都駅まで自転車で向かって、そのまま自転車を輪行袋につめ 電車で大阪のフェリー乗り場に向かいました。
帰宅ラッシュの時間帯に 輪行袋をかついで新快速に乗る勇気はなかったので、鈍行でのんびり行きます。うん、すいていて快適♪
大阪駅では環状線に乗り換えて弁天町へ・・・その後は地下鉄中央線に乗り換えてからコスモスクエア・・・この4日前 大阪マラソンの受付で向かった時のコースそのまんまです。
コスモスクエアからは南港ポートタウン線に乗り換えフェリーターミナルへ向かいます。

フェリーの出発は夜10時半頃・・・ 翌日の朝6時には愛媛県の東予に着きます。

船の出発の時は甲板に出てずっと景色を眺めていました。
もう夜も大分気温が下がってきたせいか、それとも眠いのか あまり人はいません。
大阪の海からの夜景を独り占め。

00004

正直、船から一人 海を見る自分に酔っています。

船は2等寝台だったのだけど熱がこもって暑くて途中で目が覚めてしまいました。
展望室で暫くぼ〜っとして過ごします。
しばらくたったら眠くなったので、寝台に戻って寝ます。
翌日はサイクリングだから 睡眠はとっておかないと持たない。

フェリーが東予に到着する頃、そのアナウンスで目が覚めました。
出かける準備をして到着を待ちます。

そして東予港について いざ出発。

6:30 東予港 (0km地点)
船を降りて自転車で出かける準備をします。
第一の目的地はしまなみ海道の入口、今治!

00014

00015

8:00 記念公園 (23.5km 地点)
標識で しまなみ海道という文字を見かけたのでここまではすんなり来ました。
だけど 車の高速道の入口はあるが 自転車の入れる道がない。
まぁ それは後にして そういえば朝食がまだでした。
近くに高台にあって見晴らしの良い公園があったので、
そこでポテチを食べます。朝食がポテチ?!
きちんとエネルギーになるのか? と思ってカロリー表示を見ると・・・
うわっ! ポテチ カロリー高っ!
今の状況ではありがたいけど 今後は気をつけないといけないなぁ。

00016

ポテチを食べていると 見知らぬお爺さんが声をかけてきました。
しまなみ海道を渡って尾道まで行くという話をしたら、道を教えてくれました。
ありがとう。お爺さん。

8:15 なぞの城 (26km地点)
お爺さんの教えに沿って進むとお城が見えてきます。
ここに着くまでの所々の標識で “今治城” という文字を見たので
おぉっ! 今治城だ! ・・・ と今の今まで思っていたけど
GPS のログを Google Earth で見た限りでは
(この方法で上記の “??km地点” というのを確認しています。)
今治城は全然違う場所に存在します。
・・・ あれ? じゃぁ あの城は何なのと思って web で調べたら
「高井城・城山ハイツ」という名前のハイツでした。
すっかり騙されましたね。しかも今治駅のすぐ近くにあるし・・・

00020

8:35 サイクリングロード開始 (32km 地点)
線路沿いに暫く進むとサイクリングロードの標識が見えてきます。

00021

9:05 糸山公園 (33.5km 地点)
いよいよ瀬戸内海が見えてきました。
橋を渡る前に 糸山公園というのが近くにあったので
ちょっと寄り道し、トンネルをくぐってそちらに寄ります。
展望台から見える瀬戸内海がとてもいい景色。

00032

9:20 来島海峡大橋 (35.5km 地点)
糸山公園からも見えた大きな橋を渡り
ついに瀬戸内海に入ります。
ドキドキ・・・

 00034
00035

ちなみにこの橋、自転車は通行料 200円でした。
この橋は係員の人がいて、両替してもらったのだけど、
この先のいくつかの橋は全て有料で 50円〜100円かかりますが
料金所が無人で両替ができないので、たまに 50円のところで
100円払ったりしていました。
今度しまなみ海道に来る時は100円玉と50円玉を
十分に用意しておいた方がいいですね。

9:40 大島到着 (41km地点)
橋を渡って大島到着!
橋を降りる時くねくねした道を下ります。
しまなみ海道ちょー楽しい。
海の前のみかん畑が絵になりますね。

00042
00043

9:55 大島 (46km地点)
瀬戸内海の島ですがこんな山があったりします。

00049

10:15 大島 (50.5km地点)
再び海へ・・・

00053

10:20 大島・伯方大橋 (52.5km地点)
二つ目の橋、大島伯方大橋を渡ります。

00057

00060

10:35 伯方島 (54.5km地点)
伯方島に到着。
ここで休憩して海をみながらおにぎりを食べていました。

 00063
00065

11:00 大三島橋 (60km地点)
伯方島は意外とすぐ抜けてしまって、第三の橋
大三島橋を渡ります。
葉っぱとか少し色づいていて、ちょっとだけ秋の気配。

 00071
00073

11:10 大三島 (62.5km地点)
大三島橋を渡るとその名の通り大三島に着きます。
少し行くと多々羅大橋見えてきます。

00081

11:20 多々羅しまなみ公園 (64km地点)
しばらく行くと道の駅「多々羅しまなみ公園」というのがありました。
ここでジュースを買って休憩。
最初は小さく見えた多々羅大橋も大分大きくなってきました。
道の駅には しあわせの鐘 というのもありました。
しあわせになるといいなぁ。

 0008500086

11:45 多々羅大橋 (69.5km地点)
道の駅で多々羅大橋までもうすぐと思ったのですが、
道なりに進んで行くと 橋を通り過ぎて今度は段々橋から遠ざかっています。
あれ? この橋渡らないのかな? と思って自転車を進めて行くと
ところどころにあった標識の 尾道まで ??km の
尾道の文字がなくなっていました。
多分 道を間違えたな・・・ そう思って引き返すと、
途中で寄った 道の駅のまん前に分岐点があり、
そこを通らないといけない事を知りました。
これは 道の駅に寄ってしまうと分かりにくいなぁ。
気を取り直して多々羅大橋を渡ります。

00092

00096

12:20 垂水天満宮 (74.5km地点)
多々羅大橋を渡ると生口島という島に入ります。
ここはもう広島県みたいですね。
愛媛と広島ってあんまり隣同士って感じがしないのは私だけでしょうか?
広島県側に入るとサイクリング道には青い線が引いてあります。
途中、垂水天満宮という神社があったので階段を登って行ってみました。
旅の無事をお願いしようと思ったけど 賽銭箱がない・・・
まぁ気持ちだけという事で・・・

00112
00116

12:30 再び道に迷う (77.5km地点)
道なりに進んでいたつもりなのに
いつの間にか分からない場所に行っていました。
・・・というものの 自転車道は途中 ところどころに標識や
生口島に入ってからはずっと青い線が見えていたのですが
それが全く見えなくなってきます。
さて・・・どっちに行けばいいものか?
途中 通りがかったおじいさんに道を尋ねると
「ここをまっすぐ行けば三叉路があるから
そこを右に曲がって、すると 信号が見えてくるから
左に曲がれば標識が見えてくるから分かるよ。(広島弁)」
ありがとう おじいさん。
言われた通りに進もうとすると、私の後ろにも2人のサイクリストが・・・
どうやら彼らも道に迷った様です。
でも どう見てもこの人達日本人じゃないよなぁ。英語通じるかな?
「Do you go to Onomichi?」
「Yes.」
良かった英語圏の人の様だ。
「I’m going to go to Onomichi too.
And I was told the way.
Please go straight this way until you get to …」
うっ! “三叉路” の単語が分からん!
なんて説明しようか考えていると「この道は正しいのか? (英語)」と聞いてきたので
「はい。(英語)」と答えると「ありがとう。(英語)」と納得した様でした。
そして私が自転車を走らせると後からついてきます。
そしておじいさんに教えてもらった通り、三叉路 (というよりは十字路だった様な)
を右に曲がって信号にたどり着くと、元の自転車道の青い線が見えました。
後ろを見ると 後から着いてきた外国人のサイクリストが
指を立て OK サインを出してきたので、私もうなずき その場で別れます。
しかし自分の英語力はまだまだだなぁ。ちょっと自信喪失。

13:05 生口橋 (87.5km地点)
外国人のサイクリストと出会って 自分も違う国で
ああいう風にサイクリングしてみたいなぁなんて
考えながら走っているうちに次の橋 生口橋にたどり着きました。
大阪マラソンの3日後という事もあるのかもしれませんが
ここまで来ると段々 足も動かなくなってきます。
でも長距離のサイクリングはここからが勝負だよ。
また新しい景色に出会えると思ったら 足の疲れも何のその・・・

 0014000145

13:50 因島 (96.1km地点)
生口橋を渡ると次は因島。
ポルノグラフィティや本因坊秀策の出身地として有名ですね。
実際に来るまではもっとこじんまりとした島を想像していたのですが
結構建物も多く栄えていますね。

 00148
00149

14:15 因島大橋 (101km地点)
最後の橋、因島大橋を渡ります。

 0016300166

ここを渡れば向島!

 00173
00180

15:00 渡し場 (111km地点)
サイクリングロードの終着地点、向島の渡し場に到着です。
昨年の連続テレビ小説「てっぱん」で尾道が出ていて
あの船は一体何だろうと思って観ていたのですが
なるほど、この船だったんですね。
自転車や車もそのまま乗り込んで渡る事ができます。

00190

そして尾道駅へ・・・

00206

渡し場の船で本州に渡り、少し行くと尾道駅に着きます。
今回初めて来ましたが海が近くていい街ですね。
今回はサイクリングのゴール地点でしかなかったですが、今度はゆっくりこの街を散策してみたいなぁと思いました。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927