6月15日(日)。
とうとうこの日がやってきました。
五島長崎国際トライアスロン大会、通称バラモンキング。
私は A-Type の出場。(Swim 3.8km, Bike 180.2km, Run 42.2km)

自分にとっては初めての五島トライアスロン。
そして5回目のロング。
5回目になっても、やっぱり緊張しますね。

当日は朝3時起床。
朝4時にご飯を食べて、5時にバスに乗り
スタート会場の富江港へ向かいます。

会場に着いたら、早速マーキング。

RIMG3686

自分の腕にマジックでゼッケン番号を書いてもらいます。

海を見るとスイム会場の富江湾はすごく穏やか。
私は過去4回出場したロングのうち、2回はスイムが中止になっていますが
今回は順調にスイムも実施されそう。

RIMG3685

その後はトランジション会場に向かい、バイクのセッティング。
準備をしつつ、同じ宿の人や、つくばで同じランニング仲間の K さんと
話をしてお互いの健闘を祈ります。

RIMG3686

そして、今か今かとスタートの時を待ちます。
今回の五島のスイム制限時間は2時間20分・・・
ちなみにスイム 3.8km は一昨年佐渡で泳いでいるけど、
その時のタイムが2時間18分くらい。
2時間20分以内で泳いでいる事には希望が持てるけど、
その時よりちょっと調子が悪かったら、スイム・リタイヤなんて事も・・・
とにかく最初のスイムがクリアできない事には話にならない。
何としてでも2時間20分以内を死守しないと・・・

ウォームアップで水に入ってみましたが、
少し冷たく感じました。
泳いでいるうちに丁度良くなるかな?
波もほとんどなさそう。コンディションは良いかも・・・

そうこうしているうちにスタート時間が近づいてきました。
フローティング・スタートなので泳いでスタート地点まで向かいます。
スタート前には誰かが「絶対に完走するぞ!」と号令をかけ
みんなで オーッ! と雄叫びをあげました。
その後はある女性が・・・
「誰か私をお嫁さんに貰って下さい。」・・・オーッ!

そしていよいよスイムスタート。
太鼓の音が心地よく響いてきました。・・・なんか楽しい。

スイムバトルに巻き込まれない様に、最初は後ろからゆっくり・・・

なんて気遣う必要もないくらい、あっという間に
周りにはほとんど人がいなくなってしまいました。
くっ・・・集団について行けない。

波はほとんどゼロでしたが潮の流れはあるのか、
いつの間にかコースの右へ右へと流れて行ってしまいました。
ブイとかで確認するのだけど、ゴーグルが曇ってしまって
確認もままなりません。

そして、1,100m 地点・・・五島のスイムコースは
単純な折り返しコースではないけど、折り返しっぽいところ・・・
ここから、どう進めばいいのだろう? と顔をあげて確認してみましたが、
なんか景色がぐわんぐわんと周っていて、めまいがする・・・
なんか、これってやばくないか?
「棄権」の文字が頭をよぎります。・・・ですが、水に入って泳いでみたら落ち着いたので
そのまま進む事にしました。

そして、約 1,900m より手前・・・後ろから先頭の人に追い抜かれます。
2周回しかしないのに、1周差つけられてしまいました。
まあ、これくらいは佐渡でも経験しているし想定内。

そして、約 1,900m 地点で最初の一周がスタート。
まだ1時間経っていない・・・今日の俺は絶好調。
(もうほとんどの人に置いていかれてしまったけど)
とにかくゴーグルが曇ってしまって、コースの確認が行ないにくかったので
ゴーグルをとって曇りを取ります。
そうしていると、スタッフのおじさんが
「大丈夫?」と声をかけてくれて「ゴーグル取り替えようか?」と
聞いてくれました。
うん、その方が良いかも・・・
「お願いします。」と言って新しいゴーグルを持ってきて頂きました。
その間もボランティアの女の子が、きっと寒いだろうと私の体で
紙コップで地道にお湯を少しずつかけてくれました。
本当に健気・・・そしてありがたい。
一周目でスキップという選択肢もあったかもしれないけど、
そんなの冗談じゃない。
2週目はあと1時間20分も残っている・・・。

陸地の方では既に自分たちより1時間10分後にスタートする
B-Type の人達がスタート前で盛り上がっていました。
きっとこの人達にも抜かれてしまうんだろうな。
・・・そう思いつつ2週目に入りました。

ゴーグルが新しくなったお蔭で
今度はブイの確認がしやすくなりました。
やっぱり、ゴーグルの要素は大きいなぁ。
今度はオープンウォーター用のゴーグルを買おうっと・・・

そう思いながら泳いでいると、案の定・・・
B-Type の人達が次から次へと自分の後ろからやって来ました。
せっかく、最初にバトルを避けたのに、ここでバトルに巻き込まれるとは・・・

それでも、慌てない様に自分に言い聞かせて
マイペースで泳ぎます。
そして一周目でめまいがした、今度は 3,000m 付近の
折り返し地点・・・
ここで方向を確認しようとして、頭をあげると
やっぱり景色がぐわんぐわん回ってめまいがする。
・・・ひょっとして、この辺りって波とかの関係でそういう場所なのかな?

そしてスイムのゴール地点へ向かって泳いでいきます。
ワセリンは塗っていたのですが、脇の辺りもウェットスーツがこすれて
痛くなってきました。
もう既に B-Type の人達にもあらかた抜かれて
周りに人がほとんどいなくなっていました。

そして、やっとスイム・ゴール。
タイムは 2時間07分27秒。 順位は643位・・・
スイムゴールしたのが645人だったので
ビリから3位でした。(^^;;

そして次はバイク。
トライアスロンの3種目の中で唯一、人並みにこなせる種目です。
ランは普通のフルマラソンでも5時間以内とかではなかなか走れないので
完走しようとすれば、とにかくここでスイムの遅れを取り戻し
そして、貯金を作るしかない。
・・・ さぁ、ここが自分のステージ。行くとするか・・・・

23650487-2-1_324-2546762_DATAx1

バイクの準備をしているとアナウンスでスイムが残り2人とか
聞こえてきたので、今大分後ろの方だな。

バイクをスタートして DH バーにつかまり
エアロポジションをとってみます。
うっ・・・腹が邪魔。きつい。
やっぱり絞り切れていなかったか。
今回も DH バーはピンポイントで使う事になりそうです。

最初はフラットだと聞いていたのだけど
それでも、細かいアップダウンが数か所ありました。
スイムで疲れた脚には、ここれが結構脚にくる。

それでも、スタート直後に何人か抜きました
・・・が、自分がつけているゼッケンと色が違う。
自分が抜いたのは後にスタートした B-Type の参加者達です。
速く A-Type の人達に追いつかないと・・・

とは考えているものの 10km 過ぎても、自分と同じ A-Type の白いゼッケンの
人が一人も見当たりません。

そう考えているうちに、ようやく自分と同じ色のゼッケンを見つけて
抜きました。・・・はぁ、ここまで来てやっと一人抜いた。
さて、次は・・・と同じ種目の人を探しますがなかなか見つからず。
でも 20km、30km と進むうちに、ようやく白いゼッケンの人を
ちらほら見かける様になりました。

今回、天気は曇りでかなり気候が良く

暑さにばてる事なく走る事ができました。
ハンガーノックがやっぱり怖いので、こまめに
パワーバーやゼリーを食べる様にしていました。

その甲斐あってか、これまでロングのトライアスロンは
バイクの途中で一回ばてているのですが
今回はばてる事なくずっと行く事ができました。

実は今日はW杯で日本vsコートジボワールの試合がある日・・・
でも我々はご覧の通りレース中で観る事ができず・・・
ただ、そんな中親切なボランティアの方が教えてくれました。
「1対2で負けました!」 と叫んでいます。
え〜〜〜っ!

130km 地点で、ようやく同じ宿で知り合った人に追いつきました。
「頑張りましょう。」と言葉を交わして先に進みます。

五島トライアスロンのバイクコースは 180.2km という長い距離も
さながら、獲得標高 2,100m 程でアップダウンが多いのも
特徴の一つ・・・今回、フロントギアをインナーに入れる様な坂はなかったのですが
それだけに、いつの間にか脚に疲労が蓄積されているのが怖いところ・・・
もう 140km 過ぎた辺りからは登りは全然脚に力が入らず
ひたすら我慢。・・・後ろの人もだんだん追いついてきます。
だけど、平地、下りでなんとかスピードに乗ります。

175km 地点くらいでは宿の同室の人に追いつきました。
この辺りでは、何故か脚が動く様になっていて
登りもダンシングで進んでいました。
「ランですぐに抜かれちゃうと思いますが・・・」と声を交わし
先に進みます。

そしてバイクもゴール。

タイムは 6時間19分49秒。順位は 105位。
そしてスプリットタイムは 8時間27分16秒。順位333位。

バイクで310人抜きました。・・・これは出来すぎだな。

そして最後はラン。
バイクが調子が良かったので、制限時間までの
残り時間は6時間半・・・うん、何とか行けそうだ。

とは思ったものの、バイクから降りた瞬間。
脚がガクガク、ふらついています。
脚使ったなぁ。

自分の場合、ランの基本は
エイドステーションまではとにかく頑張って走る。
そして、エイドステーションでは休む。

さらに、今回のランでは自分にもう一つの課題を課していました。
・・・ それは、今までの自分よりももう一段階速く・・・
と言うのは、自分は今までバイクは人並みには乗れて
順位も上げられるという事もあってか、多少無理して走っていたのですが
これまでの自分を振り返ってみるとランに対しては全くそれがなく
もう、惰性で走ってしまっている。
なので、今回の自分は今まで惰性で走っていたのより
もう一段階速く走ろうと心に決めていました。
そんな訳でラン直後のエイドステーションで十分休養を取った後、
ランスタート・・・そして、一段階ペースを上げる。

手元の GPS を確認してみると、キロ6分台後半・・・
これなら、自分が普通にフルマラソンだけの大会に出て
走っている時と比べても遜色ない。
どこまで行けるか分からないけど、これで行けるところまで
行ってみるか。

ランをスタートして間もなく、つくばのランニングクラブの
K さんとすれ違いました。
ランは1往復でハーフのコースを2往復するのですが、
私が走り始めたばかりなのに K さんはハーフを終えようとしている。
やっぱりレベルが違うなぁ。

バイクでもところどころ沿道の方々が応援してくれていましたが、
ランも多くの人が応援してくれていました。
中にはゼッケン番号から私の名前を探し出して
名前で呼んでいる方も・・・
手を振って応えながら走ります。

案の定、ランに入ったら次々の後ろの人に
抜かれてしまいました。
でも、いつもより速めのペースを意識しているせいか
たまに抜く事もありました。
こんな事、今までの自分ではレアだったなぁ。

そして順調に1往復終了。
ここまでキロ6分台後半が維持できている。
ここまで来たら後は自分にとってもっと楽なペースで走っても
十分完走できるけど、でも行けるところまでこのペースで
行ってみるか・・・

2週目に入ると間もなく、同じ宿に泊まっている M さんとすれ違いました。
大分後ろにせまっている・・・これはもうすぐ抜かれるかな?
そして 2週目に入って 5km 進んだところ・・・
う〜ん・・・やっぱり脚が動かなくなってきた。
ここは我慢・・・早いペースで走れなくても
次のエイドステーションまでは走ると決めているので
懸命に脚を前に進めます。

もう胃袋もすっかりダメージを受けてしまっていて
バナナとかの固形物は喉を通らなくなってきていました。
オレンジが辛うじて口に含む事ができます。
コーラは美味しいし、カロリーも取れるのですが
その後胃がダメージを受けてしまうので、ほどほどにしておきます。

そして2週目・・・折り返し地点まであと 1km くらいという所で
沿道の方から「○○さん。(私の本名)」と声が聞こえてきます。
きっとゼッケン番号から私の名前を探してくれたんでしょうね。
その後に続いた言葉・・・ 「ダイエットして下さい。」
え〜〜っ・・・ 言われちゃったよ。
いや、きっとこんなデ○がトライアスロン走って・・・とか
周りから思われているんだろうなぁと予想はしていましたけどね。

そして折り返して再び「ダイエットして下さい」と声をかけられた所を
通ります。
そこでは、「ダイエットして下さい」と声をかけてくれたおじさんが
「仲間、仲間」と言って、少しの間 私と一緒に手をつないで走っていました。
こういった地元の人達のふれあいって楽しいですね。

そこから少し進むと同じ宿の M さんとすれ違います。
すぐに追いつかれるかなと思ったのですが、
それから自分との距離が縮んでいなかったので
今回初めてのロングという事もあり、苦戦していたみたいですね。

ただ、このタイムでこの位置という事はもう完走は大丈夫。
「完走は問題なさそうですね。」
と声をかけると 「ええ」という返事が・・・
「それではゴールで・・・」と声を交わして先に進みます。

そして 約 35km 地点・・・
後ろから自分の方をポンポンと叩く人が・・・
バイク残り 5km くらいで抜いた同室の H さんです。
「あと 7km くらいですよ。」と声をかけて
あっという間に前の方に行ってしまいました。
トレランも走るという H さん。やっぱりラン強いなぁ。

ゴールも段々近くなってきました。
沿道には相変わらず多くの応援してくれる方達が・・・
「頑張って下さい」とか「来年もまた来てね」と声をかけられます。
その度に「ありがとう」「ありがとう」と返事をし
手を振って応えながら走っていました。

そして、いよいよゴール。
足取りも軽くなってきます。
コース脇に並んでいる人達とハイタッチを交わしながらゴールを目指しました。

そしてついにゴール。

image

ランのタイム 5時間21分16秒。436位。
ロングのトライアスロンのランで初の5時間半切り。
そして、今年走ったフルマラソンのみの大会
紀州口熊野マラソンや和倉マラソンの時よりもタイムがいいです。
最近朝とか頑張って走っていたからなぁ。

23650487-1-1_375-2083974_DATAx1

やったぁ!

総合の結果は 13時間48分32秒。378位。
制限時間よりも1時間以上早くゴールする事ができました。
初めての宮古の制限時間3分前ゴールとかに比べると
本当に成長したなぁ。

ゴールした後はメダルや完走ポロシャツ、バスタオルを貰い
そのままシャワーを浴びて着替えました。

そしてコース脇に立って応援。
ゴールしてくる人達とハイタッチを交わします。

IMG_1652

ここまで来る事の厳しさを身をもって感じているだけに
一人でも多くの人達にゴールして欲しいと思いました。

そして、スタートから15時間経ちついにレース終了。
その後は 同じ宿に泊まっている M さんに会い
お互いの健闘を称え合いました。

こうして、今年のバラモンキングは無事終了。
スイムは相変わらずでしたが、一歩成長した自分を感じる事ができた大会でした。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927