7月17日(日) ・・・
いよいよ、この日がやってきました。

皆生トライアスロン、レース当日。

当日は朝5時に米子の宿を出発し
約 7km 自走して皆生温泉へ・・・。

当日受付やナンバーリングを済ませ
バイクをトランジッションエリアにセットします。

IMG_1952

この日は午前中は降る予報だったけど、
幸い、天気はもってくれました。

レース前から雨に濡れるのは
辛いですからね。 (^^;;

6時頃にアナウンスがあり、
レースは予定通り3種目やるとの事・・

良かった。(^^)
Swim が苦手とは言っても
やっぱり3種目やって完走したい。

そして、荷物を預け
ウェットスーツを着てから
スイムチェックを通ります。

前日、ここに来た時は
風も波もやや強かったけど、
この時はとても穏やか・・・。

海に入って試泳してみると、
水温も丁度よく
泳ぎやすい感じ・・・。

昨年は体重約 93kg で走ったけど、
今年は体重調整がうまくいかず
96kg 程での参戦・・・

昨年より 3kg 程重い荷物を持って
走らないといけないので、
何とか、水の中で貯金を作っておきたい。

そして、いよいよスイムスタートの時間が
近づいてきました。

昨年まではビーチからのスタートでしたが、
今年からは、海の中からスタートする
フローティングスタートとなりました。

多くの選手が早い時間から
海の沖に出ていましたが、
私はスタート時間の 3分程前まで
ビーチにいて、後ろの方からゆっくり
スタート地点に向かいました。

そして、いよいよスタートの時を
迎えます。

ブザーが鳴り、全員一斉にスタート・・・。

バトルに巻き込まれない様に
ゆっくりマイペースで泳ぎます。

少し、沖に向かって泳いだ後
暫く岸と並行に泳ぎます。

周りに人が全然いなくなりましたが、
右の方を見るとまだ、たくさんの人達が
泳いでいます。

まだ、出遅れてはいないけど、
コースから少し外れてしまっていたらしい。(^^;;

その後、ライフセーバーの方に
右に行く様に促され、
コースロープに近づきます。

そして、ようやくコースロープを
目視する事ができました。

これで、暫くはこれを目印に泳ぐ事ができる。
・・・やっぱりヘッドアップでの
コース確認はなかなか辛い。

最初はある程度見えていた他の選手達も
しばらく泳ぐと、みんな先の方に行ってしまって、
周りには 2人程しか見えなくなりました。

でも、人が見えているだけまだまし。
これまで、周りに全く人が見えない・・・
なんて事が何度あっただろうか?

皆生トライアスロンは全部で 3km のコースですが、
1,500m 地点で一度岸に上がり
折り返します。

折り返し地点はまだかなぁ・・・なんて考えながら
泳いでいたら、
コースロープを越えた向こう側に
逆向きに泳ぐ選手達が出てきました。

先頭集団が折り返してきたのです。

ここで、先頭集団という事は
折り返し地点はまだまだ先だなぁ・・・。

それにしても、
トップ達は本当に凄いスピード・・・
コースロープ間際のところを泳いでいると
気のせいか、向こう側の流れに
持っていかれそうになりました。

そうして、暫く泳いでいると
折り返しの選手達も少なくなりました。

ようやく折り返し地点が見えてきます。

岸に一旦上がり、今度はスタートした場所を
目指して泳ぎます。

経過した時間は55分を過ぎている・・・
スイムの制限時間は2時間・・・。
復路が往路と同じ時間で泳いだとしても
1時間50分は過ぎてしまう・・・

折り返し地点ではボランティアの方達が
水とかを配りながら応援してくれました。

ここで水を頂き水分を取ります。

ボランティアの方が
「ここからは潮の流れが味方してくれますよ。」
と教えてくれました。

良かった。
往路より遅いペースだと、リタイアもあり得ると
覚悟していた自分にとって、
それは希望を持てる言葉でした。

この地点で自分の目に入る他の選手は1人だけ・・・

そして、復路の残り 1.5km を泳ぎ始めます。

復路を泳ぐと、確かに後ろから
潮の流れが押してくれる感じを受けます。

コースロープの途中にあるブイを見て
確認してみても、
往路とは明らかに違うスピードで泳げている。

よし、行ける・・・。

そうは言いながらも、
途中で海水を思いっきり飲んでしまい、
咳き込んでしまいました。

ブイに掴まって回復を待ちます。

そうすると、近くにいた
ライフセーバーの方から
「大丈夫ですか?」と
声をかけられて
「大丈夫です。」
と応えると
「いいペースで泳いでいましたよ。
その調子で。」
といった言葉を頂きました。

よし、今までのペースで行こう・・・。

そうして、ゴール地点を目指して泳ぎます。

この辺りになると、
周りに人が全然見えなくなって、
ライフセーバーの方も私にぴったり
くっついて来てくれています。

よし、もし自分に何かあっても
この人達が助けてくれる・・・。

そうして、泳いでいるうちにゴールも近づいてきました。

暫くは岸と並行に泳いでいましたが、
途中からは方向を変えて岸に向かって
泳いでいかなければいけません。

その場所を確認する為に
立ち止まって方向を確認したりしていると
ライフセーバーの方から

「頑張れ」

と応援の言葉を頂きます。

よし、もう少し・・・

最後のブイを通過した後は
ひたすら岸に向かって泳ぎます。

もう既に周りに他の選手は全然見えません。

その代わり、自分の両脇にライフセーバーの方が
ぴったり、くっついて来て頂いています。

おかげで、方向を見失う事はありませんでした。

あと少し、あと少し・・・

そして、スイムゴール・・・。

海を見てみると他の選手達は誰もいません。
周りにもいません。

でも、岸に上がるとボランティアの方達は
たくさんいて、
自分一人に対し「頑張れ」と大きな声で
応援してくれます。

最初のスイムが終わっただけなのに、
なんかジーンと来てしまいました。

Swim 3.0km   1:48:41 (920位/920人中)

昨年よりは3分程早いタイムでしたが、
5月の白浜トライアスロンに続き
スイム最下位・・・
今年の皆生トライアスロンで最も長い時間
スイムを楽しみました。 (^^;;

次はバイクです。




この記事は役に立ちましたか? 役に立ったという方は下のボタンをクリック!
ランキングに反映されて、今後の投稿のモチベーションがアップします。
役に立たなかったという方も下のボタンをクリック!
にほんブログ村に登録されているトライアスロン・ブログの一覧が表示されるので、きっとあなたの役に立つブログが見つかります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

Facebook ではこのブログで書いていない様な日常の生活を日々更新しています。
お気軽に友達申請して下さい。
https://www.facebook.com/satoshi.tanaka.927